IRALOG | ランキング | コミック | 検索
新規登録/ログイン
今日:2 hit、昨日:1 hit、合計:28 hit
機動戦士Zガンダムはガンダムシリーズを代表する作品
« 前へ | 次へ »
更新時刻:2020/02/12 19:39:59

40年を超え、数あるガンダムのシリーズの中でも私が最も評価しているのは機動戦士Zガンダムのシリーズです。最近はよくネットでマンガの感想など読めますね。(参考:コチラなど)
特に映画化され三部作で上映された作品に関しては私が今まで見てきた映画の中でも最も素晴らしいと思っています。
何よりも印象的だったのがエンディングのシーンです。テレビのシリーズでは主役であるカミーユビダンが、ニュータイプの性であるあまりにも敏感である故に戦いに疲れてしまい精神が崩壊して最期を迎えることになります。
しかしながら映画のシリーズではカミーユビダンは精神が崩壊することもなく戦いを繰り広げた人間たちと共に帰還すると言う作りになっています。この結末に関しては視聴者からもいろいろな声があったと思いますが私としてはテレビのシリーズも本来はこのようなエンディングにして次に続く物語を想定させたほうがよかったのではないかと考えています。
次になんといってもガンダムと言うシリーズの連続性を感じさせる作品だったと言うことです。ガンダムシリーズの元祖であるファーストガンダムの主役、アムロレイが作品の中に出てくること、さらにはガンダムシリーズの中で最も生糸なるパーソンとして扱われるシャア・アズナブルがその名を変えてクワトロ・バジーナとして姿を表します。これも実はその先に続くネオジオンの総帥としての思想家の姿が垣間見ることができ、単なるパイロットとしてではなく非常に興味深いものだと思います。

そして、モビルスーツも様々なモデルが登場してきますが、これも私自身が40年の歴史の中で最も大好きなモビルスーツであるZガンダムが魅力を感じます。
ファーストガンダムのデザインを踏襲しながらも未来を感じさせるデザイン、あまりにも複雑回帰になりすぎた現在のガンダムのデザインを考えても非常に優れているのではないかと思いました。
そして、シャア・アズナブルが操るモビルスーツと言えばどうしても赤がイメージされますがこの作品においてだけは赤ではなく、金色になります。それも百式という名前で作品を左右する役割を果たすところがまた凄いなと思います。それ以外にもファーストガンダムから登場していたブライトノアを始めとした数多くのキャラクターが宇宙戦争の中で成長していく姿が非常に印象的だと思います。ガンダムシリーズの魅力はなんといっても作品独自の宇宙世紀が紡がれていくことにあります。
この宇宙世紀を紡ぐ中でもターニングポイントと言えるのがこの作品ではないかと私は信じています。
若かった頃はどうしてもモビルスーツに目がいってしまいましたが今は見返すたびに、人類が進化した姿はどうあるべきか、宇宙で人間はどのように生きていくべきなのかを考えさせる作品と言えると思います。アニメシリーズを全て見ることが難しい方には私がご紹介した映画の三部作でこの作品をぜひとも堪能してもらいたいと思います。それだけの時間をかけるだけの価値がある作品です。

« 前へ | 1/3 | 次へ »

コメントするにはログインしてください。新規登録はこちら