IRALOG | ランキング | コミック | 検索
新規登録/ログイン
今日:2 hit、昨日:0 hit、合計:341 hit

じゅ~と (12月1日 1時)

俺×入間っていう設定で↓にクソゴミ妄想SSがあります(笑)
作品のタグ:ヒプマイ, ヒプノシスマイク

このブログの最新エントリ

いち
2019/10/13 23:05


2019/8/22 22:49


2019/8/17 3:25


2019/6/8 19:31


コメント一覧

仕事ができて、カッコよくて、―悪い、そんな入間銃兎さんに俺はずっと憧れていた。ただ入間さんはヨコハマ署組織犯罪対策部本査部長というもので部署の違う俺はなかなか会うことが出来ない。
実際、俺は挨拶をかわした程度で深い仲でもなんでもないのだ、きっと入間さんはおれのことなんて覚えてもいない。…しかし、俺が「悪い」というのを知っているのは、偶然ヤクザとのかかわりを目撃してしまったからだ。噂ではゆすりや横領、暴行まで行っていたらしい…それ自体到底警官として許されることではないのだが、俺は注意することはなかった。
簡単に言ってしまえば俺は入間さんのギャップにやられてしまったのだ。

ある日の喫煙所で俺はあの人とばったり出くわしたことがあった。

その時のことをおれは忘れることができない。たわいのない話と入間さんの向けるまなざしは笑顔ではあるもののどこか余所行きで、こんな俺に笑顔を向けてくれることにこんなにも嬉しいことはないのに俺は口角をあげることが精いっぱいだった。

今、中王区での生中継を見ていて気づく、こんな表情見たことがなかった。あの人があんな表情をみせているのは彼らに心を許しているからだ。
あなたの隣に立つ彼らはきっと信用にたるんですね、妬けつつも俺はヨコハマディビジョをに投票を行った。
この中王から広がるくそったれな茶番劇を彼と彼の信用する人たちならぶち壊してくれると信じて。
わわわ - 2018/11/30 01:31:50 違反報告 -
すごい誤字してた!!!!!!!!!!!!ワラ
わわわ - 2018/12/01 01:07:07 違反報告 -

コメントするにはログインしてください。新規登録はこちら