IRALOG | ランキング | コミック | 検索
新規登録/ログイン
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:87 hit

過敏体質者 (11月27日 15時)

歯医者で治療を受けると、全く関係ない歯が痛くなったり、しみたりするようになる。
削ったり、抜髄すると歯全体の生命力が弱くなるため、関係ない歯にまで悪影響が及び、まだ、あと何年かは治療しなくて済む歯まで、すぐに治療を必要とする状態にまで追い込まれることがある。
現在の歯科医療は、歯の生命力を弱くすることでしか、治療できない。これでは、非定型歯痛の人が後を絶たないだろう。「痛くなければ治療しない」という選択肢もあって良いのではないか?過敏体質者にしか、理解できない話ではありますが・・・。

このブログの最新エントリ

カップラーメン
2019/7/2 15:12

森林公園駅のツバメ
2019/6/10 14:29

単糖類とアルコール
2019/1/30 16:04

過敏体質者
2018/11/27 15:36