IRALOG | ランキング | コミック | 検索
新規登録/ログイン
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:424 hit

第三イベント (5月4日 10時)

大変長らくお待たせいたしました!!第三イベントです!!

http://iralog.nosv.org/b/anonaka/1459084908 

こちらのあの日の話を読んだ上でイベントに望んでくださいね。

気付けば第二イベントからはや三ヶ月?運営自身驚きのあまり声も出ません。


第三イベントの詳細

今回は全てのグループの方が参加対象です。

敬矢、洋一、真尋、全グループのメンバーが団結します。(夕緋は対象外)

夕緋が家から出なくなってしまっているのでそれを助けるためにまずは、グループみんなが団結しようというのが趣旨。

団結という雰囲気さえ分かればどんなイラスト小説をかいて頂いてもかまいません。

しかし、イラストや小説内には複数人(最低4人)は入れてください。入ってない場合は補足などして足してもOKです。


第三イベントの投稿方法

タグは 「あの仲【第三イベント】」

一人何枚でもOKです。タグがついていない場合、四人以上のキャラクターがいない場合は無効とさせていただきますので、付け忘れにはご注意を。


イラストや、小説25枚以上→イベント成功

イラストや、小説24枚未満→イベント失敗


かなりあやふやな趣旨のイベントですが、夕緋の気持ちを把握して今こそグループとしての本領発揮です。頑張ってください!!

作品のタグ:あの仲, あの仲【第三イベント】
元となったイラスト:第二イベント

元イラストから派生した全作品
/ 派生イラスト再生

このブログの最新エントリ

あの日の始まり
2018/12/2 1:49

あの日の始まり
2018/7/16 15:07

あの日の終わり
2017/5/8 16:35

最終イベント 結果発表
2017/5/8 16:00


コメント一覧

敬矢と真尋はカウンター席に座り、洋一は数人座れるイスに腰掛けテーブルに肘を着いていた。かくいう俺は敬矢と真尋といくつか離れたカウンター席に座った。

少しの沈黙の末、洋一が口を開いた。

「あのときはすまんかった。るきと仲良くなりたくて、子どもながらに考えた。やけど、それは失敗に終わって結果的にるきを苦しめることになってしもうた。るきがいなくなったって知ったときも、ついカッとなった。るきと仲良くしたいのに、仲良く出来ない。るきを守ってやれるのは夕緋だけやったのに、守らなかった夕緋が嫌で嫌で。それに、夕緋は予想以上に冷静で、るきのことなんてどうでもいいって言ってるような雰囲気で。嫌いだった。あのときだけは夕緋が。本当にすまんかった」

洋一が言い終えると着いていた肘は正しく太ももの上に添えられていた。

話している最中はそれはそれは苦しそうに俺たちのほうを見ていた。

今は伏せている目だけれどそこからは謝罪の念がひどく感じられた。

「じゃあ、僕が」

すると敬矢がしゃべりだした。

「小学生のときのあのころ、もう許されるとは思っていませんが。本当にすいませんでした。幼いながらに考えた仲良くなるための方法が、まだまだ幼稚で相手の気持ちを考えることができていませんでした。それに気付いていながらも、洋一たちに流されて。本当にすみませんでした」

敬矢が話し終えて、少しした後、カフェの外が騒がしくなった。

強い風がびょうびょうと吹き荒れ、大粒の雨がぶつぶつと落ちてる音だ。

外の不穏さはカフェ内部にも伝わってくるようで、俺含めみんなどこかそわそわとしているような不安感に襲われた。

静まり返ったカフェは、風の影響でギイギイと音を立てるドアの声が響いた。

残った俺と真尋はなかなか話し出す素振りを見せず、小さい子どもが怒られてずっとだんまりしているような感じだ。

それでも、俺は話すことをせず、いつのまにか5分程経っていた。

「真尋と夕緋はいいんですか?」

敬矢が場を取り持つかのように一言告げた。

俺は真尋の方を横目で見る。

真尋はカウンターに向かって顔を下げていて話すつもりはなさそうだ。

かくいう俺も真尋と同じように話すつもりはない。

「折角、全員集まったんですし...恨みっこなしで本当のことを言い合える仲直りにしませんか」

敬矢は真尋に向けてそう放った。

なかなか話し出そうとしない真尋がおかしいと踏み、隠し事でもあるのではないかと予想したようだ。

すると真尋は、その言葉に誘われるように「...わかった」と呟いて顔を上げこちらを向いた。

「実は相談受けてたんだ。洋一や敬矢と仲良くしたい。誤解を解きたいって。るきから」

「え...?もう一回、言って...」

「う、うん...。るきから、洋一や敬矢と仲良くしたい。誤解を解きたいって、相談を受けてたんだ」

「じゃあ、俺が、俺が、俺が、るきの仲良くしたいっていう気持ちを知っていたら、一緒に帰るのを断ることもなくて...」

「違う、そうじゃないよ...!!夕緋が悪いなんてことはない」

「でも、そうだろう?俺がるきの気持ちをきちんと理解してあげてれば...!!俺が断らなかったら...!!!俺が、俺が、俺が悪いんだ...。るきのことなんも知らないくせにるきの気持ちわかったような行動して、それは結局るきを苦しめ殺してしまった....悪いのは俺だよ!!!俺がるきのこと、なんも、わかんなかったから...!!!」

俺は頭を抱え泣き叫ぶ、真尋は苦しそうにこちらを見つめている。

敬矢と洋一はお互い立ち上がり俺を宥めようとこちらに向かって来ていた。

「俺が、俺が俺が悪いんだ...俺が全部、るきのこと分からないのに知ったようなこといって.........!!!!!!俺がるきを殺したんだ」

あの仲【運営】 - 2016/05/04 10:24:58 違反報告 -

真尋は辛そうに涙を浮かべ座り込んだ。その涙は零れ落ち、湿っぽく残った。

あの仲【運営】 - 2016/05/04 10:27:02 違反報告 -

コメントするにはログインしてください。新規登録はこちら